医薬品以外でのニキビケア

顔等にできたニキビは、潰せば早く治るという事を聞いたことがある人もいるかもしれませんがこれはとても危険な事です。
まずそもそもニキビの芯が残ってしまうことが多いので再発してしまいやすいし、何より爪で肌に傷をつけてしまう、さらに手についている雑菌でより悪化しやすくなるのでやめましょう。
また悪化するだけでなく結果的に跡が残ってしまう事もあります。
出来るだけきれいにニキビを治す為には、正しい方法で処置する必要があります。
まずは丁寧な洗顔を行いましょう。
沢山の泡で包み込んで顔を洗います。
洗顔料は肌に残してはいけないので、水かぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。
また塗り薬を塗るのも効果的です。
市販薬を使う方法もありますが、病院に行って処方してもらう事も可能です。
ただできている種類、その人の肌質によっては全くそれが合わない事も少なくありません。
また薬を必要以上に使うとか、成分を早く浸透させようと刷り込み過ぎるのも良くないので注意が必要です。
出来るだけ刺激を与えずに優しく塗るのを心がけましょう。
内服薬も効果を発揮します。
よく利用されるのが抗生物質ですが、肌の状態をよく理解した上で使う必要があります。
またニキビの程度によっては効果が現れない事もある事を知っておきましょう。
もう一つ、漢方薬を使う病院もあります。
また市販の物を利用する事もできますが、体質に合っている物を選ばなければいけません。
良く分からない人は病院で相談する、専門の人に話を聞く等して自分に合う物を使いましょう。
それ以外にもニキビケアの方法としてはバランスの良い食生活を送る、良く眠る等があります。
また中にはほほや額に触れていた髪を留めただけでも状態が改善する場合もあるので、まずは自分ができる方法を試してみるのも良いでしょう。
誰にでもできるものですが、放置しておく事は良くありません。
適切な処置を必要な時に行う事で、できるだけ跡を残さずにきれいに治すことも可能です。