ニキビの種類について

顔にできる吹き出物の事を一般的にニキビと呼びますが、その状態によって呼び方が違います。
まず初期、皮脂が毛穴に詰まりだした状態で、白ニキビと呼びます。
ストレスや食生活、さらに皮脂の過剰分泌等によって発生してしまう事があるものです。
この状態の時はまだそれほど目立つことはありません。
まだ悪化しているわけではないので、正しい処置をすればすぐに治す事ができます。
潰して中身を出すのが手っ取り早い方法ですが、これだと雑菌が中に入り悪化してしまう可能性が出てきます。
刺激を少なく、効果的に治したい時は優しく洗顔しましょう。
もう少し悪化してくると、色が濃くなってきます。
毛穴に詰まった皮脂は酸化すると、次第に色が黒くなります。
これを黒ニキビと呼び、洗顔のし過ぎとか、皮脂の過剰分泌等でも起きる物です。
毛穴は開いていますが、潰してしまうと悪化させる可能性があるので、この場合も丁寧な洗顔を心がけましょう。
気になって触ってしまう人がいますが、触ると手についている雑菌の影響で悪化する可能性がある為、注意が必要です。
また無理に潰したりすると、一時的に毛穴からはなくなりますが、またすぐに再発してしまいます。
熱を持ったり、赤くて見るからに痛そうに見えるのが赤ニキビです。
アクネ菌が増殖している状態で、違和感を感じいやすいのでどうしても触ってしまう人もいます。
しかし既に炎症を起こしている為、より悪化してしまう事が少なくありません。
また目立つ為に髪等で隠してしまいたくなりますが、それをするとより刺激を与えてしまって悪化します。
まずは正しい方法で処置しましょう。
基本的には正しい洗顔を心がける必要があります。
さらに洗顔の泡はしっかり落としましょう。
成分が残っているのは肌への刺激になります。
後は保湿を心がける事、そして皮脂の分泌を抑えるのが効果的です。
ニキビにはいくつかの段階があります。
初期のうちは生活習慣を正す、正しい洗顔を行うだけでもかなり改善される事が少なくありません。
出来るだけ悪化させない為にも、見つけたらその状態に合う手入れをしましょう。